高等学校におけるアクティブラーニング型授業の実践

河合塾では、高校を取り巻く様々な動きや教育のありかたを高校の先生方と一緒に考える「河合塾教育研究フォーラム」を全国で実施しています。そこでは、「高等学校におけるアクティブラーニング型授業の実践」と題して、組織的にアクティブラーニングを授業や活動に取り入れている高校の取り組み事例を報告していただき、参加者同士でディスカッションを行いました。

 

新学習指導要領では、学力の重要な3つの要素が強調されています。

【1】基礎的・基本的な知識・技能の習得

【2】知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等

【3】主体的に学習に取り組む態度(学習意欲)


これらの能力・態度を育むために、一方的に先生の話を聞いて理解するだけの授業ではなく、生徒による議論や教え合い、発表などを織り込んだ、アクティブラーニング型の授業が注目されています。しかし、各高校では通常の授業の中にどのようにアクティブラーニングの要素を取り入れればいいのか、様々な試行を繰り返しながら模索しているところが多いようです。そこで、「河合塾教育研究フォーラム」で報告のあった高校の苦労話も含めて、現状の取り組み内容とそこに至る過程や今後の課題を紹介します。

 

事例報告<2015年>

埼玉県立浦和高等学校 英語科 池野智史先生

知識構成型ジグソー法を利用したアクティブ・ラーニング型授業の実践


宮城県仙台第三高等学校 滝井隆太先生

高等学校におけるアクティブラーニング型授業の実践
~ジェネリックスキル育成のために~


渋谷教育学園渋谷中学高等学校 国語科 河口竜行先生
日常の授業と論文その他さまざまな学校行事とをつなぐデザイン


事例報告<2014年>

岩手県立盛岡第三高等学校 副校長 下町壽男先生

「盛岡三高の参加型授業を語る」 

~育てたい生徒像という目標を持ち、その実現のために参加型授業を行う

 


京都市立堀川高等学校  井尻達也先生

「高等学校におけるアクティブラーニング型授業の実践」

~アクティブラーニングで、今までの授業をもう一段レベルアップさせる


岐阜県立可児高等学校 浦崎太郎先生
アクティブラーニング型授業の導入事例

目的を明確に持ち、できるところから・協力し合って導入に取り組む

 


鳥取県立倉吉東高等学校 校長 河田雅志先生

「協同的な学び」あるいは「アクティブラーニング」導入と現在の状況について
~授業の中で学力を高めるためのキーワードは「協同」

 


わくわくキャッチ!
社会人基礎力の育成の手引き
社会人基礎力の育成と評価

新着記事

「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」レポート

文部科学省と経済産業省では、「理工系人材育成戦略」を踏まえ、産学官の対話の場として「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」を設置しました(2015年5月~)。

留学経験が拓いた私のキャリア

吉岡利代氏(国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ)

中曽根康隆氏(国会議員秘書)

横山匡氏(アゴス・ジャパン代表取締役)

「社会人基礎力を育成する授業30選」実践事例集
◆社会人基礎力育成の効果的な取組のポイント
◆「授業30選」受賞大学事例
◆受講生のコメント  ほか