地域と連携したキャリア教育事例 vol.6

みやぎ産業人材育成プラットフォーム

~県行政が事務局となり、宮城の産官学が情報共有、協議、調整する場を設立

宮城県における産業人材育成のために、宮城県、仙台市、地域の産業界、東北大学等が中心となって、「みやぎ産業人材育成プラットフォーム」が発足したのは、平成19年。宮城県経済商工観光部産業人材対策課に事務局が置かれ、人材育成の理念や方向性について協議・調整する場として、プラットフォームの構成団体の実務担当者で構成され、育成策の整理・調整、今後の具体的な人材育成プログラムの企画・検討などを行っています。

 

プラットフォームの概念図

宮城県HP みやぎ産業人材育成プラットフォーム「プラットフォームイメージ図」より転載 

http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/231351.pdf

 

 

「みやぎ産業人材育成プラットフォーム」の支援事業の1つに「クラフトマン21」があります。これは、工業高校等での技術指導、インターンシップ、工場見学などのプログラムで、「みやぎ産業人材育成プラットフォーム」が、みやぎ工業会と県教育委員会等の連携を支援して行っています。他にも、教育委員会主導の小・中・高校向け「志教育」なども推進しています。

【関連サイト】

・宮城県HP みやぎ産業人材育成プラットフォーム
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sanzin/platform.html
・宮城県HP クラフトマン21 実践プログラム
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sanzin/monozinzai-index.html
・宮城県HP 人材育成の取組等

http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sanzin/pf-torikumi.html

 

 

【詳しくはこちら】
経済産業省平成24年度総合調査研究「キャリア教育の内容の充実と普及に関する調査」 (委託先:株式会社浜銀総合研究所)
・実践事例集(PDF形式:1.63MB)より → こちらから

・報告書(ヒアリング調査)(PDF形式:7.54MB)より → こちらから
 

 

わくわくキャッチ!
社会人基礎力の育成の手引き
社会人基礎力の育成と評価

新着記事

「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」レポート

文部科学省と経済産業省では、「理工系人材育成戦略」を踏まえ、産学官の対話の場として「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」を設置しました(2015年5月~)。

留学経験が拓いた私のキャリア

吉岡利代氏(国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ)

中曽根康隆氏(国会議員秘書)

横山匡氏(アゴス・ジャパン代表取締役)

「社会人基礎力を育成する授業30選」実践事例集
◆社会人基礎力育成の効果的な取組のポイント
◆「授業30選」受賞大学事例
◆受講生のコメント  ほか