地域と連携したキャリア教育事例 vol.1

釈迦内(しゃかない)サンフラワープロジェクト

地域に根づくひまわりを教材に、小学生が種植え・栽培からひまわり油の宣伝・販売までを体験

秋田県大館市の釈迦内小学校では、「ひまわり」を育てて油に加工する活動を通じたキャリア教育に関するプロジェクトが実施されています。大館市釈迦内地区では、地域の自主的なコミュニティ組織「釈迦内地区まちづくり協議会」の中に「釈迦内サンフラワープロジェクト実行委員会」を創設し、現在は小学校のキャリア教育にとどまらず、活動を通じて「ひまわり」を地域ブランドとして再構築することや、地域振興・観光振興につなげることも目指しています。

釈迦内サンフラワープロジェクト「組織概要」
http://shakanaisp.com/organisationより転載

釈迦内サンフラワープロジェクト実行委員会には、教育関係者、公民館長、農業委員、婦人会など、実際の地域の活動の推進役となる人が参加し、定期的に会議を開催することで、地域全体での協力体制を構築するとともに、新たなプロジェクトの方向性を考える役割を担っています。一方、釈迦内小学校では、このプロジェクトを全学年を通した教育重点活動の一部に位置付け、1・2年生は生活科の学習の一部に、3~6年生は総合的な学習の時間の一部に活動を取り入れています。また、職員会議や打合せにおいて情報の共有化を図ることで、全教員も含めた活動を進めています。

釈迦内サンフラワープロジェクト「スキーム」

http://shakanaisp.com/aboutより転載

ひまわりの種植え・栽培から、ひまわり油の宣伝・販売までを小学生が実践するプロジェクトを通じて、地域の住民や婦人会、周辺地元企業、他の小学校等との交流や連携も行っています。秋田県や大館市などの行政の協力や、マスコミなどによる情報発信など多くの協力者も得ています。

【関連サイト】
「釈迦内サンフラワープロジェクトとは」
http://shakanaisp.com/about

 

【詳しくはこちら】
経済産業省平成24年度総合調査研究「キャリア教育の内容の充実と普及に関する調査」 (委託先:株式会社浜銀総合研究所)
・実践事例集(PDF形式:1.63MB)より → こちらから

・報告書(ヒアリング調査)(PDF形式:7.54MB)より → こちらから
 

 

わくわくキャッチ!
社会人基礎力の育成の手引き
社会人基礎力の育成と評価

新着記事

「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」レポート

文部科学省と経済産業省では、「理工系人材育成戦略」を踏まえ、産学官の対話の場として「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」を設置しました(2015年5月~)。

留学経験が拓いた私のキャリア

吉岡利代氏(国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ)

中曽根康隆氏(国会議員秘書)

横山匡氏(アゴス・ジャパン代表取締役)

「社会人基礎力を育成する授業30選」実践事例集
◆社会人基礎力育成の効果的な取組のポイント
◆「授業30選」受賞大学事例
◆受講生のコメント  ほか