特集・地域と連携するキャリア教育

よこすか働き人vol.3

出来ていることはたくさんある。もっと自分をほめてあげて

青山 史奈(ふみな)さん
東京海上日動火災保険(株)  入社5年


人と接するのが好きな私が選んだお仕事

 

大学を卒業後、「働かない」という選択肢は無かったので、何かしらのコミュニティに所属をしたいと思っていました。弊社に就職を決めたのは、大学のOG訪問で、先輩が多く活躍をしている事を知り、保険のお仕事があることも初めて知りました。面倒みの良い先輩方ばかりで、お仕事にも真剣でした。人と接するのが好きな私は自然と、「ここに就職したいな」と思っていました。

 

入社5年目で、3年目からは、弊社の代理店さんを回らせて頂いています。保険のお仕事は、難しい事も多いのですが、代理店さんを通して共に成長していくことが出来るのが、このお仕事の魅力です。最近は、保険業界の環境や販売方法が多様化している中、直接、お客様の身近な相談相手になってくださっている代理店さんをパートナーに、共に「お客様を守りたい。」との思いは、昔も今も変わっていないところです。

 

 

家族を大切にしたい

 

私自身は、特にこだわりがあった訳でも、大きな夢があった訳でもないのですが、学生時代は、とにかく今あることをちゃんとやりたいと思い、一生懸命取り組んでいました。母親に心配をかけたくなかったですし、良い方向へ行けるようにしたかったです。母も、信頼してくれていて、安心して放任してくれていたと思います。家族を大切にしたい、できるだけ側にいたい。寂しがり屋なんです。

 

 

もっと自分をほめてあげて

 

私はMTTとして、同じ学校に3年前から関わらせていただいています。初めて、中学生と仕事についてディスカッションをすると聞いて、「改めて自分のお仕事は社会とどう関わっているのか?」「どうしてこの仕事に就いたのか?」立場が変わると見えなくなっている部分をもあったので、客観的にとらえるためにも、勉強し直しました。


ディスカッションでは、職場体験の話を聞き、「上手くコミュニケーションができなかった」や「あいさつが上手く出来なかった」など、反省をしている子が多かったのですが、こちらが気持ちよくなるくらい、きちんとしているし、出来ていることはたくさんあるので、私は、「もっと自分をほめてあげてもいいんじゃないかなぁ」と思います。


私たちが学生の頃にはこのような取り組みはなく、今思うと、学生の時にやっている、あいさつや時間を守るなど、「社会に出てからは、マナーのある社会人になれる、役に立つ事だったんだな」と実感しました。私が学生の頃には、当たり前だった事が、どのように影響するか、気付けなかったですね。

 


リセットすることができる

 

MTTの中では、経験も浅く、若いながらの私に出来る事は、明るく元気に前向きに取り組むことだと思っています。また、参加した子どもの意見や、気づきを、私の実体験を通してアドバイスとして伝えています。2回目に同じグループの子に会った時、質問が増え、高度になった事に、「私に興味を持ってくれたんだな」と感じ、うれしくなりました。「何のために働いているのですか?」や「一番苦しかった事はなんですか?」の質問は、すごく考えさせられました。


学生の頃は、受け身で習得していたことが、これからは、習得しに動かないと得ることが出来ないし、習得したものを返す場が社会なので、「お仕事も社会貢献」ということになるのだと思い、そのように話しました。


子ども達としゃべっていながらも、私自身が実践できていない事や、他のMTTとの交流で、気付かされる事もあります。仕事に追われ、初心を忘れがちになる中、この活動は気持ちをリセットすることができると思います。

 

MTTそれぞれが、いろんな思いで関わっています。
MTTそれぞれが、いろんな思いで関わっています。

「先生体験」ができる社会貢献

 

全国にある支社でも、様々な社会貢献をしていますが、よこすかの「キャリア教育」の様な「先生体験」が出来る社会貢献は、他に例がありません。貴重な体験をさせてもらっていると思います。


子ども達には、社会に出ると、いろいろな人と接する機会が増えるので、この事業を通して、どんな方とお話ししても困らないように自分を磨いてほしいと思います。


私自身MTTになることで、保険のお仕事があることや、社会を身近に感じてもらい、子ども達が、社会を見る目を養えるきっかけになってくれればと思います。先輩方から教わった事や、していただいた事を、学生の皆さんにお返ししていきたいです。

 

参加させて見えてきた 新たな一面に

横須賀支社長 遠藤 匡彦さん


当社では、これまで青山をはじめ、計5名の社員がMTTに参加させていただき、参加した社員全員にレポートを提出させています。そのレポートによりますと、全員が「行く前はあまり乗り気ではなかったが、行って良かった。また行きたい。」と口を揃えています。その理由として「少しでも中学生の役に立ったことが実感でき、やりがいを感じた。」「中学生とのディスカッションを通じ、社会人としての責任感を再認識できた。」「商工会議所の皆さんや横須賀で働く他社の方々が、地域貢献に積極的に取り組んでいることがわかり、とても良い刺激になった。」などの感想が述べられています。「自分の中学生時代にも、こんな制度があったら良かったのに…」という意見もありました。


元々は地域に貢献したいとの思いから始めたものですが、社員の人材育成にもつながっており、今や当社にとっても無くてはならないものになりました。「よこすかキャリア教育推進事業」に携わる皆様にあらためて厚く御礼申し上げますと共に、今後も微力ながら協力させていただくことをお約束します。

東京海上日動火災保険(株) ※2010年度MTT派遣回数 6回
神奈川県横須賀市米が浜通1-4 サンライズビル5階
℡.046-822-1116 http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
事業内容 
損害保険業、業務の代理・事務の代行、債務の保証、投資信託の販売業務、自動車損害賠償保険事業委託業務

わくわくキャッチ!
社会人基礎力の育成の手引き
社会人基礎力の育成と評価

注目記事

「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」レポート

文部科学省と経済産業省では、「理工系人材育成戦略」を踏まえ、産学官の対話の場として「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」を設置しました(2015年5月~)。

留学経験が拓いた私のキャリア

吉岡利代氏(国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ)

中曽根康隆氏(国会議員秘書)

横山匡氏(アゴス・ジャパン代表取締役)

「社会人基礎力を育成する授業30選」実践事例集
◆社会人基礎力育成の効果的な取組のポイント
◆「授業30選」受賞大学事例
◆受講生のコメント  ほか