特集・地域と連携するキャリア教育

よこすか働き人vol.9

諦めないで欲しい。その先の選択肢は広がっているはず

清 有紀子(せいゆきこ)さん
三井住友信託銀行  入社4年


決め手は、「自分の働いている姿」がイメージしやすかったこと

 

現在、4年前に転職した信託銀行の窓口で、コンサルティング業務をさせて頂いています。投資信託や個人年金、住宅のローンや土地・不動産の売買とその有効活用。落ち着いてお話もできますし、お客様の個人的な話や、ご家族への想いもたくさん聞きますね。いろいろなお話を伺う事で、一人ひとりに合ったライフプランを様々な切り口でサポートする。飛び込み営業だった前職の証券会社では、味わえなかった事です。

 

私たちのご提案を気に入って頂き、「ありがとう」と感謝の言葉を頂けた時、「この仕事に就くことが出来て良かった」と思えるやりがいも感じています。

 

 

金融業界に興味を持ったのは、幼い頃から証券会社と取引があった両親に付き添い、その仕事ぶりを見ていたからでしょうか。他業種も見ましたし、こだわった訳ではありませんが、自分が働いている姿を一番イメージしやすかった事が決め手になりました。

 

また、人の役に立つところや、その為の知識を得る事も自分の為になりますし、その知識をお客様に還元できる点も私の理想の仕事像に合っていたのだと思います。職場環境も良く、オンとオフがはっきりしているので、旅行が好きな私にとって、時間を使える所も満足しています。女性が多く活躍しており、お互いに悩みを話し合い切磋琢磨し、良い事もみんなで共有しています。先輩方や会社のサポートで自分も成長できているとイイなと思っています。

 

 

諦めなくて良かった

 

学生でも、社会と同じような小さなコミュニティの中に、上下関係もあります。

 

中学から始めた剣道は、早くから剣道を始めた子と技術に差があり、悔しさやちょっとした負けず嫌いを自分なりの努力で埋めていました。楽しいと思った事は、先輩から学んだ事を、後輩へ受け継いでいく所。部長も経験しました。

 

生徒会活動で学校外の交流を楽しみ、友達とたくさん遊び、机にかじりついていた訳でもなく、特別ではない生活を送ってきました。両親が、好きなようにさせてくれたおかげだとも思っています。

 

進路についても、「諦めなくて良かった。」諦めていたら、その先の選択肢が狭くなり、将来、自分の職業にも影響していたと思います。それを、身を持って体感できた。本当にそう思います。

 

学生のうちに得たものは、自然と仕事の場面でも発揮されていると感じているので、学生時代にやっている勉強や部活で頑張る、友達と遊ぶなどは、社会に出る前の立派な経験だという事を、中学生にも分かってもらいたいです。

 

 

今の子どもが羨ましい

 

私が中学生の頃は、職場体験はありませんでした。やってみたかったですね。今の子どもが羨ましいです。

 

グループディスカッションでは職場体験でレストランに行った子が「裏では、衛生面に気を使い、どんなに大変でも笑顔を絶やさず、お客様のために仕事をしている事を知り、ありがたみが分かった」「いつも食べる側で、されるのが当たり前と思っていたけど、仕事は大変なんだな」と、素直な感想を話してくれました。

 

授業の一環なので仕方なく行き、「めんどくさかった」など、やらされている感じの感想を言っていた子が、2回目に会った時には、「お仕事の場所では、自分から聞いて動かなければいけないんだ!」と受け身だった自分に気づき、変わろうとしている成長や、気持ちの変化を聞く事ができて良かったと思います。

 

 

ごく短い期間に職業を決めなければならない大変さ

 

お仕事では接する事のない中学生と、「どういう話し方をすればいいのか?」「普段、自分が使っている言葉の言い回しで伝わるのかどうか?」といった表現について、難しさを感じましたが、ディスカッションは勉強になりますね。

 

私も皆さんと同じように進路の岐路に立たされて思ったのは、ごく短い期間に職業を決めなければならない大変さ。

 

このプログラムでは多くの大人と話ができ、いろいろな職場を見ることで、自分の進むべき道の参考になるのであれば、積極的に利用して、私たち大人にどんどん聞いてほしいです。

 

そして諦めないでほしい。その先の選択肢は、必ず広がっているはずですから。

 

MTTの参加は若手の登竜門になっています。
MTTの参加は若手の登竜門になっています。

参加させて見えてきた 新たな一面に

横須賀支店 次長 内藤 千学さん


横須賀支店が参加させて頂いているMTTのしくみは他に類を見ない活動です。いろいろな社会貢献に全社をあげて行っていますが社内的にも社外的にも大きな反響があります。横須賀出身だった支店長の頃から参加をさせて頂いています。少し元気がなくなっている横須賀の若い方たちへ「働くことの面白さに触れさせてあげられる」「社会に出る不安を払拭させてあげられたら」との想いで、「とても良い社会貢献になる」と感じ、参加をさせて頂きました。社員からは「面白かった」との感想が多く、待ち受けている社員もおります。彼らにとって一番の課題は「中学生に解るように、自分の考えをまとめてコンパクトに話す」つまりそれは、お客様と話す事にも繋がる事を意味しています。また「子ども達から意見を引き出す事」にも難しさを感じているようで、やりがいの一つになっている様子です。


職場体験にも中学生を初めて受け入れてみました。考えさせられる良い機会になったと思います。


お互いの時間を共有できるこの貴重な活動を、中学生だけにとどまらず、さらに上の段階にも繋げていける、もう一歩踏み込んだ活動になることも期待しています。この地域だけでなく、全国的にも多く広がる事も期待しつつ、今後もぜひ続けて欲しいと思います。

 

三井住友信託銀行 横須賀支店 ※2011年度MTT派遣回数 4回
神奈川県横須賀市大滝町2-3 
℡.046-827-1131 Fax.046-827-0149
http://www.smtb.jp/
事業内容 
北は横浜市金沢区・鎌倉市から南は三浦市まで三浦半島全域を活動エリアとして、個人のお客様への相続・遺言、資産運用、ローン、不動産等のご相談・ご提案に特化した店舗として日々活動しています。

 

 

わくわくキャッチ!
社会人基礎力の育成の手引き
社会人基礎力の育成と評価

注目記事

「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」レポート

文部科学省と経済産業省では、「理工系人材育成戦略」を踏まえ、産学官の対話の場として「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」を設置しました(2015年5月~)。

留学経験が拓いた私のキャリア

吉岡利代氏(国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ)

中曽根康隆氏(国会議員秘書)

横山匡氏(アゴス・ジャパン代表取締役)

「社会人基礎力を育成する授業30選」実践事例集
◆社会人基礎力育成の効果的な取組のポイント
◆「授業30選」受賞大学事例
◆受講生のコメント  ほか