大学におけるグローバル人材育成グッドプラクティス vol.1

100%英語で授業。1年間の留学と、1年間の留学生との寮生活が必須。創立わずか数年で高い就職率を実現

国際教養大学(AIU: Akita International University)


国際教養大学は、2004年に設立された1学部制単科大学。英語をはじめとする外国語の卓越したコミュニケーション能力と豊かな教養、グローバルな視野を伴った専門知識を身につけた実践力のある人材育成を目指しています。

 

全ての授業が英語で行われます。そのために、1年次は1週間あたり18~21時間の英語集中プログラム「EAP」(English for Academic Purposes)を受けます。入学後1年以内にはTOEFL500点以上の水準が求められますが、ほとんどの学生がクリアできるそうです。


その後、「基盤教育」(下図参照)で幅広い分野の学問を学び、一定の単位修得後、専門教養教育に進みます(概ね2年次後半)。国際的な経済や産業、ビジネスを学ぶ「グローバル・ビジネス(GB)課程」、または東アジアや北米等の政治、経済、社会、文化及びそれらの国家や地域間の相互関係、国連や世界銀行などの国際機関等について学ぶ「グローバル・スタディズ(GS)課程」への配属を選択し、卒業研究に取り組みます。また、卒業までに1年間の海外留学が義務づけられています。2年次の冬から3年次の秋にかけてスタートし、専攻分野の授業を受けてくることが標準的です。

 

国際教養大学に入学してから卒業するまでのカリキュラムの流れ
http://web.aiu.ac.jp/undergraduate/curriculum

寮の「ユニット」のレイアウト:二つの2人部屋が間にある洗面所・バス・トイレを共用するレイアウトとなっており、これを1ユニットという。このユニット単位で、全国、全世界から集まる学生が共同生活する。
寮の「ユニット」のレイアウト:二つの2人部屋が間にある洗面所・バス・トイレを共用するレイアウトとなっており、これを1ユニットという。このユニット単位で、全国、全世界から集まる学生が共同生活する。

ユニークなのは、新入生に入学から1年間寮生活が義務づけられること。全学生の1/5を占める外国人留学生と同室で起居をともにする生活が基本となります。寮生活は、海外留学時の寮生活に向けた訓練でもあり、異文化を理解する場でもあり、社会に出てから活躍するための能力・スキルを伸ばす場ともなっています。


また、入学は4月と9月の年2回(卒業は8月と3月)。ギャップイヤー入試制度を設けているもの特徴です。ギャップイヤー入試とは、入学前のボランティア活動などを評価し、入学後単位として認める制度。11月の受験時に、高校を卒業してから9月入学までの半年間、どんな活動をするのか計画書を提出し、合格後、活動に臨みます。


就職率は、2007年度の第1期卒業生から、例年ほぼ100%。就職先企業には商社、メーカー、金融、運輸、情報通信分野などの大企業が並び、地方の歴史の浅い大学としては驚くべき躍進といえるでしょう。教育力も、高校教員からも非常に高い評価を得ていて、「国際化教育に力を入れている大学」の項目で1位、「入学後、生徒を伸ばしてくれる大学」の項目で東北大、東京大に次ぐ3位というアンケート調査(※)もありました。

 

※『サンデー毎日』誌「全国600進学校・進路指導教諭が生徒に勧めるイチ押し大学」(2010年9月12日号)

基本情報

〇所在地 秋田県秋田市
〇設立年 2004年4月 

〇学部学科構成

国際教養学部

グローバル・ビジネス課程

グローバル・スタディズ課程

※入試は国際教養学部で一括して行い、一定数の単位修得後(概ね2年次後半)に2つの課程のどちらかを選択します。

 

〇数値で見る大学の特徴(2013年4月現在)

 

学生数

外国人教員

比率(専任のみ)

1クラスあたりの人数

英語による

専門科目率

大学全体

873

55

17

100.0

 

〇留学データ  
23カ国・地域から留学生121人を受け入れ、29カ国・地域へ留学生167人を派遣しています。

関連サイト

英語集中プログラム「EAP」
http://web.aiu.ac.jp/undergraduate/curriculum/eap
グローバル・ビジネス(GB)課程 
http://web.aiu.ac.jp/undergraduate/curriculum/gb
グローバル・スタディズ(GS)課程 
http://web.aiu.ac.jp/undergraduate/curriculum/gs

留学先として提携している海外の大学
http://www.aiu.ac.jp/international/about/partners/
寮生活 
http://web.aiu.ac.jp/campuslife/dormitory
ギャップイヤー入試制度 
http://web.aiu.ac.jp/undergraduate/admission/feature03

他大学と比較して<経済産業省調査より>

「語学力・コミュニケーション力」の育成に特筆

 

経済産業省では、平成23 年度に国内約200大学を対象に、大学のグローバル人材育成に関する取り組みを、下記の3つの能力育成の観点で調査(「大学におけるグローバル人材育成に係る指標調査」)。
【要素Ⅰ】語学力・コミュニケーション力

【要素Ⅱ】主体性・積極性、チャレンジ精神・協調性・多様性、責任感・使命感
【要素Ⅲ】異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティ養成

 

この調査によると、国際教養大はすべての要素において平均値より相対的に高い値を示しました。とくに「【要素Ⅰ】語学力・コミュニケーション力」は、全ての授業が英語で行われているため、極めて高い値を示しています。

わくわくキャッチ!
社会人基礎力の育成の手引き
社会人基礎力の育成と評価

新着記事

「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」レポート

文部科学省と経済産業省では、「理工系人材育成戦略」を踏まえ、産学官の対話の場として「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」を設置しました(2015年5月~)。

留学経験が拓いた私のキャリア

吉岡利代氏(国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ)

中曽根康隆氏(国会議員秘書)

横山匡氏(アゴス・ジャパン代表取締役)

「社会人基礎力を育成する授業30選」実践事例集
◆社会人基礎力育成の効果的な取組のポイント
◆「授業30選」受賞大学事例
◆受講生のコメント  ほか