大学におけるグローバル人材育成グッドプラクティス vol.2

学内は小さなグローバル。どこででも語学力が磨ける手厚い語学教育体制。言語とともに文化も学び、異文化理解力も高める

神田外語大学 (KUIS:Kanda University of International Studies)

全面ガラス張りの教室がユニーク
全面ガラス張りの教室がユニーク

神田外語大学は、手厚い少人数・双方向型の指導で実践的な語学力向上をめざす、外国語学部1学部の単科大学です。学科構成は、英米、アジア、イベロアメリカ、国際コミュニケーションの4学科。グローバル化の流れが、これまでの欧米社会中心から、アジアや中南米諸国へと移り変わっている流れを捉え、20年後、30年後を見据え、2012年から現在の学科構成になりました。

 

1学年あたり約800名の学生に対して約400名の教員が在籍し、語学担当教員の8~9割はネイティブ・スピーカー。海外の大学・大学院出身、また海外の大学において指導経験を有している教員も多くいます。また、大学全体をみても、日本研究の専門家以外は、全員が海外での研究、教育(留学含む)の経験者から成っています。


学内には、英語学習施設として「SALC(SELF-ACCESS LEARNING CENTRE)」、英語以外の言語の学習施設として「MULC(Multilingual Communication Center)」と呼ばれる施設があります。ここでは、個室のスピーキングルームや語学教材などで自学・自習ができるとともに、常駐するネイティブ・スピーカーの教員や、アルバイトする交換留学生から、会話の練習や課題のサポート等の指導を受けるだけでなく、交流できる場にもなっています。

 

英語学習施設「SALC」にて
英語学習施設「SALC」にて
英語以外の言語の学習施設「MULC」のタイ語エリア
英語以外の言語の学習施設「MULC」のタイ語エリア

また、語学力・国際感覚の育成のために、海外留学も積極的に推進。短期研修も含めると年間500名強が留学しています。また、様々な国から外国人留学生数を例年200名程度受け入れています。彼らとの交流がさらなる語学力アップにつながります。

 

実践力を高めるために、企業で実際の仕事を体験する「インターンシップ」も積極的に行っており、年間100名程度を国内の様々な企業や官公庁に派遣しています。とりわけ、国際コミュニケーション学科では、海外でのインターンシップも実施。現地の商社やコンサルティング会社、国際物流会社等で行われます。

 

卒業生の就職先としては、グローバル展開する企業を中心として、「商社・卸売・小売」(26.7%)、「製造・メーカー」(17.1%)、「航空・運輸・物流」(16.5%)などが多くみられ、語学力と異文化理解の力を生かして、グローバルな舞台で活躍している卒業生が多いといえましょう。

 

基本情報

〇所在地 千葉県千葉市

〇設立年 1987年4月

〇学部学科構成

外国語学部 

英米語学科

アジア言語学科

イベロアメリカ言語学科

国際コミュニケーション学科

 

〇数値で見る大学の特徴(2012222日現在)

 

学生数

外国人教員比率

英語(語学)授業の

1クラスあたりの人数

英語による

専門科目率※1

学部

3637

53%

 27

52%

 

(1)卒業要件のうちの専門科目(英語科目48単位+研究科目40単位)に対する、全て英語で実施される科目の単位数(英語科目のうちの46単位)の比率

 

○留学制度
「海外留学制度」を利用し、152名の学生が3ヶ月~1年間の留学を果たしました(2011年度実績)。短期研修も含めると年間500名強が留学しています。海外協定校は60校あり、実際に交換留学生を派遣している大学が多い点が特徴です。
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/exchange/program/

 

関連サイト

英語学習施設:SALC(SELF-ACCESS LEARNING CENTRE)
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/facilities/bldg6/salc/
英語以外の言語の学習施設:「MULC(Multilingual Communication Center)」
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/facilities/bldg7/mulc/

 

インターンシップ
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/job/internship/
海外インターンシップ(国際コミュニケーション学科)
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/subject/department/international/business/

他大学と比較して<経済産業省調査より>

「異文化に対する理解」「日本人としてのアイデンティティ」の育成に特筆

 

経済産業省では、平成23 年度に国内約200大学を対象に、大学のグローバル人材育成に関する取り組みを、下記の3つの能力育成の観点で調査(「大学におけるグローバル人材育成に係る指標調査」)。
【要素Ⅰ】語学力・コミュニケーション力

【要素Ⅱ】主体性・積極性、チャレンジ精神・協調性・多様性、責任感・使命感
【要素Ⅲ】異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティ養成

 

この3要素の中では、異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティ(要素Ⅲ)の確立のための教育プログラムが、他大学(学部)と比べ、相対的に高い値を示しています。

わくわくキャッチ!
社会人基礎力の育成の手引き
社会人基礎力の育成と評価

新着記事

「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」レポート

文部科学省と経済産業省では、「理工系人材育成戦略」を踏まえ、産学官の対話の場として「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」を設置しました(2015年5月~)。

留学経験が拓いた私のキャリア

吉岡利代氏(国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ)

中曽根康隆氏(国会議員秘書)

横山匡氏(アゴス・ジャパン代表取締役)

「社会人基礎力を育成する授業30選」実践事例集
◆社会人基礎力育成の効果的な取組のポイント
◆「授業30選」受賞大学事例
◆受講生のコメント  ほか