第7回キャリア教育アワード 受賞者事例

経済産業⼤⾂賞(⼤賞)

※経済産業⼤⾂賞受賞者のうち、総合的に最も優秀と認められる企業・団体等 

<⼤企業の部> 株式会社博報堂

 

経済産業⼤⾂賞(最優秀賞)

<中⼩企業の部> 認定特定⾮営利活動法⼈キーパーソン21

<コーディネーターの部> ⼀般社団法⼈九州インターンシップ推進協議会 

 

優秀賞

<⼤企業の部> キヤノングループ内8社、富⼠通株式会社

<中⼩企業の部> 株式会社アトリエテンマ、⼀般社団法⼈ドリームマップ普及協会

<コーディネーターの部> 特定⾮営利活動法⼈新宿環境活動ネット 

 

奨励賞

<⼤企業の部> 東京ガス株式会社、⼤⽇本住友製薬株式会社

<中⼩企業の部> 東京商⼯会議所、徳島県信⽤保証協会、有限会社せれくと

<コーディネーターの部> 特定⾮営利活動法⼈グローカル⼈材開発センター 

 

各団体の実施内容は下記をごらんください。

 

経済産業⼤⾂賞(⼤賞)

大企業の部

株式会社博報堂

◆博報堂オリジナルの教育プログラム「H-CAMP」  

教育関係者へのヒアリングも踏まえながら、複雑化する課題を解決し、新しい価値を創造し続けるために、多様な個性を持つ人材づくりと創発の力によって生み出されるクリエイティビティを、体験を通して楽しみながら実感することを目指し、基礎的・汎用的能力のすべてに高い効果をもたらすことができるように設計したプログラムを提供。

 

経済産業⼤⾂賞(最優秀賞)

中小企業の部

認定特定非営利活動法人キーパーソン21

◆「夢!自分!発見プログラム」シリーズ  

子どもたち一人ひとりが個性や多様性を認め合い「自信をもって、自分らしく生きる力」を育 むために、保護者や教師だけではない様々な大人達が真剣に関わりながら、「自分を知る」ス テップを踏むことにより、主体的に社会と関わりたいと思う意欲と自信をもって自分らしく生 きる力を育む原動力を発見するプログラムを提供。

 

コーディネーターの部

一般社団法人九州インターンシップ推進協議会

◆インターンシップの推進  

行政予算に依存せず、地域の大学、企業から幅広く支援を受けて産学官の連携で経済団体が事務局としてインターンシップを推進。事前・事後研修会で学生インターンシップの学びの深化、大学担当者との定期的な意見交換、受入企業へのプログラム作成支援だけでなく、情報交換会の開催や各種セミナーでの講演、新聞広告等を通じた広報活動も実施。

 

優秀賞

大企業の部

キヤノングループ内8社

◆キヤノングループの環境出前授業 「モノの『とくちょう』を利用してリサイクル ~理科は地球を救う~」  

明るい未来を担う上での課題として環境問題を受け止め、自分の力でそれを解決できると気付 けるように、アクティブ・ラーニングの手法を取り入れて児童が考える・相談する・知識を活 用するなどの汎用能力を培う機会を多く設けた環境出前授業を全国の小学校を舞台に展開。

 

大企業の部

富士通株式会社

◆環境出前授業  

未来を担う子供たちに年々深刻化する地球環境問題とその原因を知ってもらい、解決するため に出来ることを考え、行動する力を養ってもらうための支援として全国の小中学校を対象に将 来にわたる問題解決を取り入れた「環境出前授業」を提供。

 

中小企業の部

株式会社アトリエテンマ

◆仕事体験・デザイナー体験 学校訪問授業「SHOP DESIGN」

生徒達がサービスの考案から購買までの心地よさの全体をデザインしたお店づくりを通じて、 厳しさやチームワークの大切さなどへの気付きを促し、本物を知る楽しさや驚きから生徒の興 味へとつなぎ、働くことの意義、やりがいを考えるきっかけをつくるプログラムを提供。

 

中小企業の部

一般社団法人ドリームマップ普及協会

◆主体的に生きる力を育む「キャリア教育・ドリームマップ授業」

民間の認定講師と教員が連携を取り、児童・生徒の発達段階に合わせて、自分が意欲を持てる ものや大切にしたい価値観を自分軸とする在り方の形成を助け、予測困難な変化に富む世界の 中で主体的に柔軟に生きる力とするプログラムを提供。

 

コーディネーターの部

特定非営利活動法人新宿環境活動ネット

◆新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』

学校での学習内容を実生活や実社会と結び付け、次世代を担うこどもたちの「環境に関する幅 広い職業観」「持続可能な生産と消費マインド」を醸成するため、区内小中学校で年間約 100件の出前授業など、地域・企業・学校と協働しながら、環境学習を通じたキャリア教育を推進。

 

奨励賞

大企業の部

東京ガス株式会社

◆『東京ガス学校教育支援活動』  

未来を担う子どもたちにエネルギーと環境の大切さを伝えたい”という想いのもと、エネルギーと環境の関わりについて教科や単元に合わせた出張授業と、エネルギー・環境問題を主体 的に扱う動機付けおよび授業実践の支援を行う先生向け研修会を実施。

 

大企業の部

大日本住友製薬株式会社

◆「科学技術と人の幸せ」  

生命関連企業である製薬会社の役目として、次世代を担う中高生に『いのち』の大切さを考え る機会を持ってほしいと始めた。生命や倫理など正解が一つではないテーマを題材に、自らと 異なる考えを受入れながら自分の判断を考え、豊かな感性と優しさを持って自分なりの意見を 導き出す「道徳的実践力」の育成を目指すプログラムを提供。

 

中小企業の部

東京商工会議所

◆東商リレーションプログラム

中小企業の魅力発信と大学初年次からの職業観の醸成を目的に、中小企業の会社ツアーや仕事 観察などを会員企業で体験するプログラムを提供。事前研修会や企業と大学の情報交換会だけ でなく、ホームページにおいて、他社事例や参加者の声を掲載し、普及活動を実施。企業と大 学、学生の橋渡し役を担う。

 

中小企業の部

徳島県信用保証協会

◆「未来の“経営者”たちに地域ビジネスのすすめ~夢をカタチにする生き方・働き方」

県内の小中学校・高等学校・専門学校・大学・企業などと連携協力し、小中学生には出前授業、高校生や大学生等にはビジネスプランの作成、プレゼンテーションを行うプログラムを提供 し、大学生には様々な経営者と交流をもつことで、地元で創業する意識を醸成。

 

中小企業の部

有限会社せれくと

◆感動体験型ジュニアインターンシップ(高校生向け、支援学校生向け)

「自分らしく輝く人生を歩む」「短期間で驚くほどの成長を体験する」をテーマとして設計し たジュニアインターンシップを実施し、高校生に成長実感と感動を生む。人生を輝かせる働き 方を職場の仲間として一緒に体験し、業務体験とリンクする形で講義とワークを提供。

 

コーディネーターの部

特定非営利活動法人グローカル人材開発センター

◆「グローカル人材」育成事業

実践的で主体的な学びに力点を置いたPBL(課題解決型学習)を開発し、地域経済・地域社 会の発展を支える情熱と、グローバルな視点で物事を考える能力をともに有する「グローカル 人材」をオール京都体制で育成。雇用のミスマッチの解消のみならず、「教育の社会化」を目 指し、取り組んでいる。

 

<前ページに戻る>

第7回「キャリア教育アワード」・第6回「キャリア教育推進連携表彰」受賞者が決定しました! <経済産業省>

平成28年度キャリア教育推進連携シンポジウムを開催されます

わくわくキャッチ!
社会人基礎力の育成の手引き
社会人基礎力の育成と評価

注目記事

「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」レポート

文部科学省と経済産業省では、「理工系人材育成戦略」を踏まえ、産学官の対話の場として「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」を設置しました(2015年5月~)。

留学経験が拓いた私のキャリア

吉岡利代氏(国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ)

中曽根康隆氏(国会議員秘書)

横山匡氏(アゴス・ジャパン代表取締役)

「社会人基礎力を育成する授業30選」実践事例集
◆社会人基礎力育成の効果的な取組のポイント
◆「授業30選」受賞大学事例
◆受講生のコメント  ほか